So-net無料ブログ作成

購入の決め手? その2(中古並行輸入車) [マスタング購入]

車の素性としては、中古並行輸入車。
平成15年にアメリカからやってきたようです。
これも購入の決め手の一つとなりました。

湿度の高い日本に長年存在した旧いアメ車(正規輸入車)は、
シャーシやらボディパネルやらが
錆でグサグサに腐ってる個体も少ないないですからね。
まだ日本へやってきて4年しか経っていないというのは、好材料です。

VINを確認したら、CaliforniaのSan Jose工場で
ラインオフしてる事が分かりました。

きっとこの車は、雨のほとんど降らないカラッカラのカリホルニヤで、
金髪&青い瞳&ナイスバデーな女性をナビシートにはべらせながら、
大事に大事に扱われてきた1台なのでしょう。  ←↑勝手な妄想

しかし一方、私のセカンドカーである某シボレー車においては、
「中古並行輸入車は絶対に買わないように!」というのがセオリーでした。

アメリカは、ご存じのように自動車大国。
どこへ行くにも自動車を使い、フリーウェイをガンガン走って
大陸を東西南北へと移動する民族です。
1年間で3万〜5万km走るクルマもザラ。
5年落ちで20万km走行なんてのもフツー。
日本の悪徳業者がそういうヘタレ車を現地で安く買い叩いて、
安くオールペンして、メーター巻き戻して、
日本人に売りつけてたりするんです。

ゆえに、中古並行輸入車だと、とんでもなく粗悪な過走行車を
つかまされることが往々にしてあるわけで。

ん? このクルマは38年間アメリカにあったわけですよね。
え〜っと、年間1万km走行だとしても、総走行距離38万km。
まさか、3万km×38年=114万km?
はっはっは、いや、そんな事は…


あれ、なんでこのマスタング買っちゃったんだろう?(笑)



nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 8

ハンク

始めまして、愛媛県からです、大変面白く、参考になっています、
67歳、クラシックマスタングフリークです、1965年ファーストバックオートマチックに8年ほど、今は1966年コンバーチブルに5年乗っています、フルレストアと言う事で購入しましたが、すぐにパワステポンプがイカレ、その後も続々不具合が出ています、パワステポンプ、発電機、インテークマニーフィルド、ヲーターポンプ、キャブレターなど交換しました、 僕もオーバーヒートは何回かありまして、今やっている対策は、補助ファン「付いていた」ラジエータ「純正」周りの逆流防止「スポンジ」、水流全開「センサーを除去冬でも大丈夫でした」」、運転時に停止を早めに予測してニュートラルでの走行を多くするよう心がけて、停止時もニュートラル「燃費よくなったかも」、ますます暑くなってきますので水温計とニラメッコしながら、時にはヒーター全開にしてみたり、苦労しています、 又何かいい対策がありましたらお教えねがいます。


by ハンク (2009-06-25 16:33) 

カリ太

>ハンクさん

コメントありがとうございます。
ほぼ放置ブログとなっており、すみません。。。

>今やっている対策は、

サーモ除去とは、思い切りましたねぇ。
設定温度低めのサーモへの換装は私も考えましたが。

ニュートラル走行は、シンプルですが効果ありそうですね。

>又何かいい対策がありましたらお教えねがいます。

計13年もクラシックマスタングに乗ってらっしゃる大先輩ゆえ
むしろ私が教えを乞いたいぐらいです。
今後ともよろしくお願いします。
by カリ太 (2009-06-25 18:50) 

ハンク

ご返事ありがとうございます、全くのメカ音痴なんですよ、今お世話になっている修理屋さんもあまり詳しくなくて、水量全開はリタイアした老整備士のアイデアです、アルミに変えようと思っていましたが、あまり効用がなければやめときます、ガソリンスタンドのニイチャンがレースをやっているようで、オイルの冷却装置を付ければ少しは違うとか言っていました、、、
今僕が思い付いている事は、お笑いになるかもしれませんが、クーラーの出口「4っつある」1,2つからホースを引っ張ってラジエーターの前まで持って来たら
どうなるかと思案中です,暑い時期には幸いかな?近じか自宅で実験してみようと思っています、効果があれば車内からどこかに穴を開けてホースを引っ張る予定です。でわ又。
by ハンク (2009-06-26 11:12) 

ハンク

お恥ずかしい質問ですが、ラジエーターの後ろのファンは外気をラジエーターに引き込む為ですよね、僕の車には羽「カーバーなし、むき出し」はそこしかないのですが、補助ファンは付いていないって事ですかね、それとも、ラジエーターの1枚目と2枚目の間にあるのかな?1枚目と2枚目とに間があってカバー見たいのがありまして中は見えません、購入の時 補助ファン付きとの事でしたが アノヤロー、、、、よく確かめてみます、
ラジエーターの後ろのファンにはカバーはあったほうがいいのでしょうか?
外気の吸い込みが良くなる為ですか?単純な質問ですみません。
by ハンク (2009-06-26 15:40) 

カリ太

>ハンクさん

いろいろ悩まれているようですね。
正しいマスタング乗りのスタイルかと思います(笑)。


>オイルの冷却装置を付ければ少しは違うとか言っていました、、、

オイルクーラーのことでしょうか。
たしかに多少の冷却効果はあるでしょうが、
仲間内では水温対策でオイルクーラーを付けた人はいませんねぇ。

私のクルマは、若干大きめなオイルパン(OIL量7L)へ換装し、
ほんのり冷却効果を狙っていたりしましたが、
それほど効果はないようです。


>クーラーの出口「4っつある」1,2つから
>ホースを引っ張ってラジエーターの前まで

こ、これは‥‥。
部屋が暑いからと、冷蔵庫の扉を開けっぱなしにするのと
同じようなことではないでしょうか?

クーラーを使用することで、コンデンサーが熱を持ち、
ラジエターの冷却を低下させることになるでしょう。
であれば、最初からクーラーをオフにしたほうが
水温対策的には有効ではないかと。

というか、素直にラジエター前へ
電動ファンを装着されたほうが効果てきめんかと思います。
(私のクルマも一応付いており、温度センサーで一定の温度になると稼働します)

水温対策は、やはり
ラジエター+ファン+シュラウド+諸々かと。


by カリ太 (2009-06-26 17:46) 

カリ太


>ラジエーターの後ろのファン

ファンシュラウドのことですね。
私もアルミラジエターへ換装後、サイズ的に入らなくなり、
一時「ラフエンシュラウドなし状態」だった↓ことがあります。
http://why-mustang.blog.so-net.ne.jp/2008-05-02

しかし、ファンシュラウドがないことで、
ファンが効率よく風を吸えず、
結局、冷却効率はダウンしてしまいました。

そこで、元々ついていたファンシュラウドを加工して、
なんとかファンシュラウドを復活↓させました。
http://why-mustang.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04
http://why-mustang.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07

やはり、あるのとないのでは大違いでしたね。
真夏でも(ACさえ使わなければ)、渋滞でも大丈夫なクルマになりました。

ゆえに、ファンシュラウドは装着されることを推奨します。
by カリ太 (2009-06-26 17:47) 

ハンク

シュラウド修理屋さんに相談してみます、
温度が上がるとファンが回ってる音がしますので、補助ファンは付いてるようです、今のところ通勤時間15分なのでクーラーを入れても少し温度が上がるのが早くなるくらいで支障はありませんが、着く手前ぐらいから作動し始めます、30分、1時間となるとどうなるか判りません、メーターに温度表示はないので何度で補助ファンが作動するのか把握していません「聞いてみます」、作動すると、少し下がります、もう少しで良いから目盛りが下がってくればメーターを気にしなくて運転できるのですが、炎天下でクーラー付けるとどうなるか、、、
以前ヒートした時は炎天下田んぼ道を低速である場所をグルグル探していた時に力がなくなって、と5月の夜4人乗りで30分ほど走っ他時、このときは臭くなってきてメーター振り切れでした。
by ハンク (2009-06-27 11:06) 

Cl0udy

1年以上遅れてのコメントですが・・・
私が以前73'mach1に乗っていたころ、ラジエターのコア交換というのをしました。純正ラジエターの枠以外を新品に交換するのです。
世の中にはラヂエター屋さんというのがあるのですね、その時初めて知りましたが。
これが効果てきめんで、真夏の渋滞でも水温計は涼しい顔してましたよ。
今は2007モデルに乗っているのですが、やはり皆さんの乗られているOHVとは雰囲気が違ってしまいます。あの頃のマスタングは最高ですね。
by Cl0udy (2010-07-11 20:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。